男性限定のお悩み

おシモの形成(包茎治療)

ペニスの違いわかりますか?

1. 通常のペニス

勃起時のみならず普段から亀頭が常に露出している。亀頭の発育も十分で、性行為の持続時間も十分。


2. 仮性包茎

日本人の多くのタイプがこれ。手でむくことができ、勃起時には露出することもあるが、普段は包皮で覆われているため不潔になりやすく、菌が繁殖しやすく、病気に感染しやすい。ニオイも気になる症状である。


3. カントン包茎

包皮に絞厄輪という狭い部分があるため、何とかむけるがしめつけられる。また勃起時にはむくのはむずかしく、血行障害を起こし、腐ってしまったり不能になる場合もある。


4. 真性包茎

包皮をむくことができない。亀頭包皮炎や尖圭コンジロームなどをはじめ、病気の感染の可能性も高く、性交渉にも支障もきたす。


日本男性の6割がなんらかの形の包茎だということをご存じでしょうか?これは外国で広くおこなわれている割礼という儀式がないことに原因があります。もともと包茎であることはみっともないことではありませんが、包茎のまま放置することは、亀頭部の発育不全をおこしたり、不衛生で性行為感染症の原因になったり、早漏の原因になったりと、エチケット違反としていやがられます。
包茎手術をうけるにあたり、どこのクリニックで治療をうけたらよいか迷うことでしょう。残念ながら一部の病院では包茎手術は研修医の練習台をして扱われることがあり、傷跡がめだってしまったり、つっぱりがのこったりしてしまうことが実際にあります。
ゆり形成栄久屋大通クリニックで行っている「亀頭直下埋没法」は、余剰包皮や亀頭の発育状態などをふまえ、 患者さんの状態に合わせたラインをデザインし、縫合部をなるべく亀頭直下に隠れるようにします。